星野リゾートREIT(3287)はコロナ禍でも買いなのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

1. そもそも星野リゾートREITとは何なのか?

【参考】星野リゾート投資法人HP

正式名称は、星野リゾート投資法人(3287)と呼びます。
2013年に東京証券取引所の不動産投資信託証券市場へ上場しました。
資産運用会社は、株式会社星野リゾート・アセットマネジメントです。
本投資法人は、投資対象資産の選定において、星野リゾートグループ運営物件、星野リゾートグループ以外運営物件及び海外における星野リゾートグループ関与物件の物件売却情報を積極的に入手しております。最近では、軽井沢にある「BEB5軽井沢」を取得しています。

名前に「星野リゾート」という名がついておりますが、実は星野リゾート運営物件は取得価額ベースで全体の32.2%しかありません。今後は50%超が目標とのことです。

そもそもREITとは、投資信託の一種であり、投資対象先に不動産を組み入れていることが特徴です。不動産への直接投資と比べ、「定額投資」や「価格が日々変動」、「管理が楽」等の特長を有します。不動産投資法人と呼ばれる企業が投資家からお金を集め、不動産に投資をします。

運用や資産保管、資産の計算事務等の業務は外部に委託しなければなりません。
投資法人が購入した不動産のテナントからの賃料が収入となり、コストなどを差し引いた利益から、投資家に分配金が支払われます。
日本の市場に上場しているREITは、J-REITと呼ばれます。

2. 星野リゾートREITの強み

星野リゾートのビジネスモデル

星野リゾート自体の強みは、ビジネスモデルが非常にユニークなことです。
ホテルやリゾート施設には、所有や経営、運営、ブランド開発という4つの役割があります。基本的な日本のホテルやリゾート施設は、所有から運営までを一体で行っていますが、本来この4つの役割はノウハウが異なります。

そこで星野リゾートは、運営特化戦略を取りました。この戦略は、日本では星野リゾートが初めて取り組んだと言われています。運営特化戦略のメリットは、不動産リスクを負わないことに加え、事業の早い展開が可能となります。不動産の取得を資産運用会社に任せ、リスクを投資家に負わせることで。星野リゾートはほぼ借金をせずに新たなリゾート施設ヘの展開を早くできます。運営特化戦略のデメリットとしては、施設の経営がうまくいったときに最大のリターンを得られないことや、投資家との駆け引きが難しいことが挙げられます。このデメリットを嫌って、日本では運営特化戦略をとる会社は少ないのです。

3. 星野リゾートREITの株価

星野リゾートREITの株価は、60万円前後をキープしてきましたが、新型コロナウイルスの影響で一時期30万円を下回りました。しかし、直近は盛り返し、50万円を切るくらいの株価で推移しています。

1口当たり分配金は2020年4月期で13,302円となります。年利に換算すると大体5%と言ったところです。

現在REIT全体の株価が下落しておりますが、物流系のREITは非常に調子が良い一方で、ホテル関係のREITは非常に調子が悪いです。本REITはホテル系のREITであるため、このような状況となっています。

4. 星野リゾートの近況

それでは、コロナ禍の状況で星野リゾートの近況はどうなっているのでしょうか。著者は星野リゾートが大好きであるため、常に予約サイトを確認しておりますが、2020年8月末現在で以下の状況でした。

東京と沖縄の施設を除き、平日休日問わずほぼ満室です。なんと、11月までほぼ予約の取れない施設もあります。

これは、政府の施策であるGoToキャンペーンによるものと思われます。いつもは少し高いけれど、いつかは泊まってみたい星野リゾートは、今回のキャンペーンで一番恩恵を受けていると考えられます。

【参考】GoToキャンペーンサイト

5. まとめ

星野リゾートの決算ハイライトによると、一口あたり分配金は2020年10月期で12,753円、2021年4月期で5,107円となっています。しかし、今回のGoToキャンペーンにより、個人的には決算予想の上方修正があると考えています、そのため、星野リゾートREITは買いという判断です。

中小企業診断士というは本当に食べていけないのか?

星野リゾート宿泊記④ トマム ザ・タワー

関連記事

  1. ジャパニーズウイスキー投資入門:なぜウイスキーは…

    1. 本記事の目的本記事では、なぜウイスキーは値上がりするのかにつ…

  2. カカクコム(2371)が展開する食べログの事業戦…

    1. グルメサイト業界の構造分析カカクコム(2371)が展開する食…

  3. コロワイド(7616)の大戸屋(2705)買収に…

    1. 本記事の目的コロワイド(7616)の大戸屋(2705)買収に…

  4. 日本は資源大国?都市鉱山のポテンシャル:アサヒH…

    1. 本記事の目的本記事では、携帯電話や家電等の金属含有スクラップ…

  5. アップルが高い利益率を残す三つの理由

    1. 本記事の目的本記事では、考えられないような利益を叩き出す米国…

  6. 日本電産によるオムロンオートモーティブエレクトロ…

    1. 本記事の目的本記事では、日本電産(6594)によるオムロン(…

  7. カカクコム(2371)が展開する食べログの事業戦…

    1. はじめに本レポートは、企業間で業績格差があるグルメサイト業界…

  8. 日本電産によるオムロンオートモーティブエレクトロ…

    1. 本記事の目的本記事では、日本電産(6594)によるオムロン(…

最近の記事

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているhk5です。
1991年生まれ、東京生まれ東京育ち。
都内の某私立大学を経て、某シンクタンクの支社決算業務の主担当として従事。 3年半勤務後、某コンサルテインングファームでAIプロジェクトの企画書作成、某金融機関のチャットシステム実装のPMO、某政府系組織のシステム企画の要件定義等を経験する。
現在、都内の某国立大学院で経営学を学習中。加えて、大学院と提携しているコンサルティングファームと協業し、将来の公立病院の経営戦略をテーマにレポートを執筆中。
また、中小企業診断士として、週1~4程度の頻度でベンチャー企業の業務を手伝い、新事業企画の立案や収支シュミレーションの作成等、パワーポイントを中心とした資料作成や市の融資相談員を行っている。
趣味は星野リゾートと離島巡り。日本中回りたいと思っている。

ツイッター

PAGE TOP