離島宿泊記① 八丈島

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

※本旅行記は2016年の5月の旅行を元に記載しています。

1. 八丈島とは

八丈島は、東京の南方海上287kmに位置する東京都の島です。
面積は69.11平方kmで、ひょうたんの型をしています。
地形的には富士火山帯に属する火山島であり、南東部を占める三原山(700.9m)と北西部を占める八丈富士(854.3m)から成り立ちます。

【参考】八丈町の概要

2. 利用したプランと予算

利用したプラン

今回は、ゴールデンウィーク中であったため、島での宿が取れませんでした。
そのため、底土野営場でテントを貼り、4泊野宿しました。

船は、東海汽船の橘丸を利用しました。とても大きい船です。
東海汽船(9173)が運営しています。

また、宿と同様船室の予約もできず、行きは船の空いている場所で約10時間雑魚寝でした。しかし、料金は二等船室と同じ金額がかかります。

船内は湿度も温度も高いですが、外は逆に寒いぐらいなので、雑魚寝はできるだけ避けるようにしましょう。
なお、毛布は一枚100円で借りることができます。

八丈島は広いため、島中を回るためにはレンタカーを借りる必要があります。
自分は三日間借りました。
ちなみに、レンタカーはほぼ軽自動車です。離島では潮風が強く、車がすぐにだめになってしまうため、高い車を買う必要がないとのことです。

【参考】カーセンター八丈

予算

行程:3泊5日
船代往路:9,680円(二等)
船代復路:14,520円(特二等)
宿泊代:0円
食費:約20,000円
娯楽費:5,000円
レンタカー:7,000円(1人当たり)
合計:56,200円

【参考】東海汽船の運賃表

3. 八丈島の観光地紹介

【参考】八丈島観光協会

底土海水浴場(そこどかいすいよくじょう)

底土海水浴場は島内唯一の人工砂浜になります。ベンチも設置されているため、一日目の昼食はスーパー等で島寿司を買い、青空と海を眺めて食べるのがおススメです。

近くの岩場からの撮影です。海水は非常に透明度が高いです。

八丈富士(はちじょうふじ)

八丈富士では、山頂の火口を一周する「お鉢めぐり」をメインにトレッキングを行うことができます。
私の足では山頂までに1時間弱、お鉢めぐりで約2~3時間かかりました。

八丈島ふれあい牧場

八丈島のふれあい牧場は眺めの良い牧場です。
個人的には、八丈島で一番景色の良い場所であると思います。GWと夏休みの期間中は売店でおいしいアイスが売っています。

八丈島地熱発電所

東京電力パワーグリッドが運営している発電所です。しかし2019年3月29日に廃止されてしまいました。八丈町は2017年にオリックスと「地熱発電利用事業に関する協定」を締結したため、この跡地にはオリックスが新たな地熱発電所を建設する予定です。

4. 八丈島のグルメ

島寿司

島寿司とは、伊豆七島の近海で獲れた旬な魚を使った郷土料理です。魚は醤油ベースのタレに漬けてヅケにし、シャリはやや甘い酢飯で握り、ワサビの代わりにカラシを載せます。なお、八丈島の寿司屋では予約が取れなかったため、上記写真は新島で撮ったものとなります。

くさや

くさやとは、伊豆諸島の名産品です。くさやは、獲れた魚を「くさや液」と呼ばれる発酵液に漬けた干物で、独特な臭いを発します。
確かに臭いは結構キツイですが、食べてみると魚のうま味が凝縮されており、本当に美味しかったです。
焼酎やビールと併せて是非食べてみて下さい。

ソフトクリーム

八丈島では、多くの売店でソフトクリームが売られています。外の景色を見ながら食べるソフトクリームは格別です。
今回は、「むかしのとみじろう」という所で食べました。

天ぷら

八丈島の特産品の一つに、明日葉があります。その明日葉を使った天ぷらは、程よい苦みが感じられ、とても美味しいです。
今回はお蕎麦と共に「千両」さんで食べました。

5. 八丈島のその他魅力

お祭り

八丈島では、ゴールデンウィークに八丈祭、7月に八丈島夏祭りが行われます。
こじんまりとしながらも島独特の雰囲気が感じられるため、私は島のお祭りが大好きです。

大きな橋梁

八丈島には、大きな橋梁があります。特に観光協会等で紹介されることはないのですが、眺めがいいので個人的に好きな場所です。

出発日に東京の夜景が見れる

八丈島とは直接関係のないことですが、往路の船では東京の夜景が見れます。これは、ジェット船や飛行機では見ることができません。一度は大型船で伊豆七島に行ってみて下さい。

今回旅行の総合的な評価としては、海も綺麗でごはんも美味しく、大変満足です。大型船で行くと片道約10時間もかかりますが、また八丈島には行ってみたいです

MaaSアプリ利用調査:Kyyti

MaaSアプリ利用調査:NS

関連記事

  1. 今後の医療MaaSを考える:介護者の病院送迎など…

    1. 本記事の目的本記事では、最近話題となっている医療Ma…

  2. MaaSアプリ利用調査:NS

    1. 本記事の目的世界には多くのMaaS(Mobility as …

  3. 星野リゾート宿泊記 OMO7旭川

    1. OMO7旭川とはOMO7旭川は、星野リゾートが運営す…

  4. 離島宿泊記④ 大島

    ※本旅行記は2017年の8月の旅行を元に記載しています。1. 大島…

  5. 離島宿泊記② 新島

    ※本旅行記は2017年の7月の旅行を元に記載しています。1. 新島…

  6. ビジネスモデルキャンバスによる優良病院の分析 概…

    1. ビジネスモデルキャンバスとは?「ビジネスモデルキャンバス」と…

  7. ドイツのシュタットベルケに学ぶ地域循環型介護・医…

    1. はじめに本レポートは、新時代の介護の在り方を管理者の考えを元…

  8. 太陽電池モジュール(ソーラーパネル)のリサイクル…

    1. 本記事の目的本記事は、太陽電池モジュールのリサイクル…

最近の記事

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているhk5です。
1991年生まれ、東京生まれ東京育ち。
都内の某私立大学を経て、某シンクタンクの支社決算業務の主担当として従事。 3年半勤務後、某コンサルテインングファームでAIプロジェクトの企画書作成、某金融機関のチャットシステム実装のPMO、某政府系組織のシステム企画の要件定義等を経験する。
現在、都内の某国立大学院で経営学を学習中。加えて、大学院と提携しているコンサルティングファームと協業し、将来の公立病院の経営戦略をテーマにレポートを執筆中。
また、中小企業診断士として、週1~4程度の頻度でベンチャー企業の業務を手伝い、新事業企画の立案や収支シュミレーションの作成等、パワーポイントを中心とした資料作成や市の融資相談員を行っている。
趣味は星野リゾートと離島巡り。日本中回りたいと思っている。

ツイッター

PAGE TOP