【再掲版】新型コロナウイルスに関する東京都の公表を、感染者数だけで報道するのはなぜ怖いのか?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

1. 本記事の目的

新型コロナウイルスが各地で猛威を振るっています。
ニュースや新聞記事は、連日世界中のコロナウイルスの報道ばかりです。
7/31の発表では、東京の感染者数が400名以上に急増したとマスコミに報道されていることで、国民に不安の声が広がっております。

さて、この「感染者数」という数字で東京都のコロナウイルスの脅威を測定することは、正しいことなのでしょうか。
本記事では、コロナウイルス新型コロナウイルスに関する東京都の公表を、感染者数だけで報道するのはなぜ怖いのか?について、過去の記事の情報に加えて考察を書いてみます。

なお、本記事はコロナウイルスの危険性を検証するものではございません。

2. 東京都が報告している数値

東京都では、新型コロナウイルス感染症対策サイトにて陽性率や検査数を日々報告しています。

【参考】東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトより

ここで解釈が難しい点は、検査数という数字である。実は、検査数が増えたという解釈は正確ではないのです。
最近の検査数の増加は、公表範囲に含めていなかった医療機関による保険適用での検査実績を含めるという基準が追加されたためです。そのため、基準変更の前後で増減を比較することはできません。

ここで言えることは、東京都が基準を変更してしまったため、「検査数」という数値は過去と比較できないものになってしまった、ということです。

3. 感染者数と陽性率

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトより

先ほどの章で「検査数」は過去と比較できない数値になってしまったと申し上げました。それでは、感染者数と陽性率はどうでしょうか。

感染者数は文字通り、検査の結果としての陽性判明数(PCR・抗原)のことを指します。
ただ、この数値に何の意味があるのかわかりません。
連日マスコミが報道している感染者数には、「検査数」という非常に大切な数字が抜けて報道されています。要するに、分子のみ報告しており、大切な分母が抜け落ちています。これは、不安を煽る報道を行うと視聴率が上がるため、わざと行っていると思われます。

この感染者数という数値のみでコロナウイルスの危険性は測れないということを、お店での卵の管理を例として説明します。

「店員A:店長すみません。卵を10個もだめにしてしまいました(1,000個中)」「店長:何やってるんだ!俺が管理している時は5個以上だめにしたことが無かったぞ!(50個中)」「店員B:自分は今日3個しかだめにしてない。自分が一番優秀だな(10個中)」。

この話を聞いて、店長と店員Bがお角違いと分かります。
ちなみに店長や店員Bは、兵庫県知事に当たります。

ちなみに、陽性率はどうでしょうか。東京都によると、陽性率は、「陽性判明数(PCR・抗原)の移動平均/検査人数(=陽性判明数(PCR・抗原)+陰性判明数(PCR・抗原))の移動平均」で求められます。

しかし、この陽性率という数値にも欠陥があります。
最近では、新宿や池袋のクラブ等の夜の街関連でのPCR検査や受診相談が増えているため、それ以前と比較する際に検査する人の背景が全く揃っていないのです。そのため、陽性率だけでコロナウイルスの危険性を考えるのは早計です。

一応過去の情報である7/12時点の数値と比較すると、0.5%しか上がっていません。検査する人の背景が全く揃っていないためあまり参考とはなりませんが、陽性率だけで比較するとここ数週間の状況は変わっていないと言えます。

東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトより(7/12版)

4.コロナウイルスの危険性の測定には、どのような調査が必要であろうか?

それでは、コロナウイルスの危険性を測定するにはどのような調査が必要か、私の意見を述べます。

私の意見としては、実現性の問題を抜きにして「地域別に確率的サンプリングに行った上での陽性率」を測定するのが良いかと思います。

確率的サンプリングとは、確率の法則に任せて選ばれたサンプルのことを指します。これにより、場所や対象者といった人間の恣意的な判断や主観を排し、
ランダムに選ばれた「部分」から得られた情報にもとづいて「全体」の特徴や傾向を推測することにあります。これにより、各地域ごとのコロナウイルスの陽性率が正しく測定できます。

本来は全数調査が正しいのかもしれませんが、コストや実現性を考えて難しいと思われます。

以上、私の意見を述べました。どちらにしろ、早くウイルスが終息してほしいです。

なお、重ねて申し上げますが、本記事はコロナウイルスの危険性を検証するものではございません。

U-Mapでは、お仕事の依頼を承っています。
詳しくは、こちらから!

オリックス(8591)の株価はなぜ上がらないのか?財務分析編

オリックス(8591)の株価はなぜ上がらないのか?株式分析編

関連記事

  1. 自社に信用調査会社が来た!帝国データバンクや東京…

    1. 本記事の目的どうも、中小企業診断士として活動しているhk5で…

  2. 自動運転車の導入事例調査 世界はこんなに進んでい…

    1. 本記事の目的自動運転車の導入事例調査 世界はこんなに進んでい…

  3. コンサルタントが教えるパワーポイント作成講座:シ…

    1. 本記事の目的本職のコンサルティングファームや、中小企業診断士…

  4. MaaSアプリ利用調査:Kyyti

    1. 本記事の目的世界には多くのMaaS(Mobility as …

  5. ビジネスモデルキャンバスによる優良病院の分析 概…

    1. ビジネスモデルキャンバスとは?「ビジネスモデルキャンバス」と…

  6. 離島宿泊記⑤ 神津島

    ※本旅行記は2018年の5月の旅行を元に記載しています。1. 神津…

  7. ウィズコロナ時代の日本のモビリティ(移動)を考え…

    1. 本記事の目的新型コロナウイルスが各国で猛威を振るっています。…

  8. 日本企業において女性役員はなぜ増えないのか?

    1. 本記事の目的本記事では、日本企業において女性役員はなぜ増えな…

最近の記事

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているhk5です。
1991年生まれ、東京生まれ東京育ち。
都内の某私立大学を経て、某シンクタンクの支社決算業務の主担当として従事。 3年半勤務後、某コンサルテインングファームでAIプロジェクトの企画書作成、某金融機関のチャットシステム実装のPMO、某政府系組織のシステム企画の要件定義等を経験する。
現在、都内の某国立大学院で経営学を学習中。加えて、大学院と提携しているコンサルティングファームと協業し、将来の公立病院の経営戦略をテーマにレポートを執筆中。
また、中小企業診断士として、週1~4程度の頻度でベンチャー企業の業務を手伝い、新事業企画の立案や収支シュミレーションの作成等、パワーポイントを中心とした資料作成や市の融資相談員を行っている。

ツイッター

PAGE TOP