星野リゾート宿泊記⑤ リゾナーレトマム

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

1. リゾナーレトマムとは

リゾナーレトマムは、星野リゾートが運営するホテルの一つであります。
リゾナーレトマムはトマムの地に建つ32階建ての高層ホテルです。1フロアーに4室のみの贅沢な部屋が売りです。部屋は雄大な眺めを一望するコーナーにジャグジーバスを備えた100平米のスイートルームです。

ちなみに、星野リゾートのブランドの一つであるリゾナーレの特徴は、洗練されたデザインと豊富なアクティビティをそなえる西洋型リゾートである点です。トマムの他にも那須や熱海、八ヶ岳、小浜島にリゾナーレのホテルがあります。

【参考】リゾナーレトマム

2. 利用したプラン

今回利用したプランは、「特別優待プラン(朝食付)」です。
料金が非常にリーズなブルである代わりに、キャンセルが非常に厳しく、いつキャンセルしても宿泊料金の100%のキャンセル料がかかります。そのため、必ず宿泊できる人向けのプランです。ちなみに私は、一人一泊27,700円で宿泊することが出来ました。

リゾナーレトマムの特徴はなんと言っても部屋の豪華さです。別の章で述べますが、なんと部屋にサウナとジャグジーがついています。

3. リゾナーレトマムのアクセス

リゾナーレトマムは電車で行く場合、トマム駅から行くことになります。私の場合は、帯広空港から帯広駅で特急に乗車し、約一時間でトマム駅に到着しました。トマム駅からは電車の到着に合わせ、トマムザタワーへのバスと合わせて無料送迎バスが発着しております。

もし歩く場合、大体30分から40分くらいかかります。

4. リゾナーレトマムの部屋

私が宿泊した「スイートトリプルルーム」は非常に広く、アメニティも多く、清潔です。なにより驚いたことは、部屋にジャグジーとサウナがついていることでした。土地代が広い北海道ならではの部屋の作りではないでしょうか。

寝室も非常に広かったです。三人で泊まった時は、ソファでくつろぎながらリラックスして話せそうです。ここからの眺めも非常に良かったです。

窓からの眺めはこんな感じです。

トイレや洗面台も、非常に綺麗でした。ただ、広すぎて落ち着きませんでした。

さて、リゾナーレトマムの部屋の一番の特徴であるバスルームは、非常に広く清潔で、かつ眺めも良いです。言うことありません。私は部屋にいる間はここにずっといました。

初めての個室サウナです。暑さの調整が多少難しいかも・・・?

売店でビールを大量に購入し、ずっと飲んでいました。

5. リゾナーレトマムの食事

なんといってもトマム ザタワーの朝食付きプランの売りは、超贅沢な朝食です。普通に食べると2,600円以上もする朝食が、宿泊者は無料で食べることができます。また、宿泊者は朝食の会場を「SORA天空」「GRILLED・AGI」「ビュッフォダイニングhal」「森のレストランニニヌプリ」「ミカク」、の中から選択することができます。

自分は海鮮を中心とした和食を食べたかったため、「SORA天空」にしようと考えましたが、チェックイン時には既に満席でした。朝食を「SORA天空」で食べたい方は早めに予約をとりましょう。

悩んだ末、最終的に「GRILLED・AGI」に決めました。32階にあるため、とても景色が良く、テンションがあがります。

メインはビーフシチューを選択しました。野菜が良く煮込んであって、非常に美味しかったです。あと写真には取れませんでしたが、コーヒーが絶品でした。

また、リゾナーレトマムから少し距離がありますが、ホタルストリートという飲食店が立ち並ぶ場所があり、夕食はそこでとることが出来ます。自分は「竹蔵」というラーメン屋さんを選択しました。北海道ならではの海の幸を活かした美味しいラーメンが食べれます。

6. リゾナーレトマムの館内施設

コロナウイルス対策

リゾナーレトマムではコロナウイルス対策がしっかりされております。まず、入館の際には検温が行われ、随所に消毒液が置かれています。企業を挙げてコロナウイルス対策に取り組む星野リゾートはさすがです。

Books&Cafe

リゾナーレトマムの一階には、Books&Cafeという宿泊者なら無料で使えるカフェがあります。コーヒーやアップルジュース、オレンジジュースがセルフサービスで無料で飲めます。、また、24時間使用できるウォーターサーバーが置いてあり、部屋に持ち帰って飲めるそうです。著者は若干仕事や学校の課題をやらなければならなかったので、ここに入り浸っていました。

営業時間は24時間とのことです。仕事がある方には非常に便利です。

しっかり電源やスタンドライトがあり、かつ中庭が見渡せるという点で、著者が今回の旅行で一番気に入った場所です。

売店

リゾナーレトマムの一階には、売店があります。ここではお土産や軽食、お菓子、お酒等を買うことができます。また、コインランドリー用の洗剤も20円程度で売られていました。部屋でゆっくりしたい方はここで色々買いましょう。

お酒は北海道名産のものがずらりと並んでいます。

自動販売機

自動販売機では、お酒や飲み物を購入することができます。ビールは350mlで350円、500mlで450円でした、売店の値段と変わりません。

7. トマムの魅力

雲海

なんといっても夏のトマムの魅力は雲海です。宿泊者なら無料で乗れるゴンドラで山の中腹まで行きます。山頂までの道のりは徒歩のみで疲れますが、見事な絶景をみることができます。

ミナミナビーチ

ガラス張りの館内は常に30℃以上であり、日本最大級30m×80mの波のプールを備えたインドアビーチです。水着も男性は1,100円でレンタルすることができます。

ファームエリア

トマムのファームエリアでは、約100ヘクタールの広大な敷地を活かしたサイクリングや、美味しいソフトクリーム、ヤギや牛や馬といった動物と触れ合うことができます。

花火

夏の時期には、花火をやっているようです。リゾナーレトマムの中庭や、正面玄関から良く見えました。

【参考】星野リゾート宿泊記⑥ トマム地区の解説

以上、感想としては、過去宿泊した星野リゾートの中でも最強クラスの部屋でした。特にBooks&Cafeの居心地の良さは異常でした。一つ課題があるとすると、トマムの中心街から多少離れていることくらいでしょうか。

星野リゾート宿泊記④ トマム ザ・タワー

星野リゾート宿泊記⑥ トマム地区の解説

関連記事

  1. WILLERのMaaS戦略

    1. 本記事の目的本記事では、MaaS事業に力を入れている…

  2. 離島宿泊記⑤ 神津島

    ※本旅行記は2018年の5月の旅行を元に記載しています。1. 神津…

  3. ドイツのシュタットベルケに学ぶ地域循環型介護・医…

    1. はじめに本レポートは、新時代の介護の在り方を管理者の考えを元…

  4. 伊豆七島の記事まとめ(2020年8月時点)

    1. 本記事の目的本記事では、著者が大好きな伊豆七…

  5. MaaSアプリ利用調査:Kyyti

    1. 本記事の目的世界には多くのMaaS(Mobility as …

  6. 東海汽船(9173)の分析:新「さるびあ丸」の特…

    1. 本記事の目的本記事では、伊豆七島への旅客業務を主に行…

  7. MaaSアプリ利用調査:NS

    1. 本記事の目的世界には多くのMaaS(Mobility as …

  8. 星野リゾート宿泊記① 青森屋

    1. 青森屋とは星野リゾートが運営するホテルの一つであります。青森屋は、…

最近の記事

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているhk5です。
1991年生まれ、東京生まれ東京育ち。
都内の某私立大学を経て、某シンクタンクの支社決算業務の主担当として従事。 3年半勤務後、某コンサルテインングファームでAIプロジェクトの企画書作成、某金融機関のチャットシステム実装のPMO、某政府系組織のシステム企画の要件定義等を経験する。
現在、都内の某国立大学院で経営学を学習中。加えて、大学院と提携しているコンサルティングファームと協業し、将来の公立病院の経営戦略をテーマにレポートを執筆中。
また、中小企業診断士として、週1~4程度の頻度でベンチャー企業の業務を手伝い、新事業企画の立案や収支シュミレーションの作成等、パワーポイントを中心とした資料作成や市の融資相談員を行っている。
趣味は星野リゾートと離島巡り。日本中回りたいと思っている。

ツイッター

PAGE TOP