星野リゾート宿泊記 界日光

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

1. 界日光とは

界日光は、星野リゾートが運営する旅館の一つです。男体山の近くに位置しており、四季をくっきり映す中禅寺湖を一望する贅沢な滞在を楽しむことができます。岩組の露天風呂からは、なんと男体山と中禅寺湖どちらも眺めることができます。

全室60㎡以上のゆとりのある贅沢な造りのため、四人で宿泊してもゆとりのある空間となります。部屋のいたるところには、伝統の鹿沼組子をあしらった部分が見受けられます。

【参考】界日光

アクセス

私は、東武日光駅からの観光バスを利用して訪れました。駅から遠いため、車を使う方以外は、必ずバスを使う必要があります。

しかし、往復で2,000円以上の費用を要します。そのため、駅にて中禅寺温泉フリーパスを購入することを強くおススメします。まず、基本料金が2,100円でありますが、二日間該当路線が乗り放題であることに加えて、期間限定で界日光に宿泊する客は1,050円と半額になります。

【参考】東武バス

施設へ向かう途中には日光東照宮もあるため、フリーパスの購入がお得です。

中禅寺温泉というバス亭で下車してから、界日光までは徒歩で約10分です。冬場は寒いため、バスの利用が無難かもしれません。

湖を回るように歩いていくと、界日光の看板が見えます。

少し坂を上ると、緑色の建物があり、そこが界日光です。

まあ、無難に送迎バスを利用するのが手です。30分に一度程度バス停と施設を周回しています。

2. 利用したプラン

今回利用したプランは、20代限定の「界タビ20s」プランで予約しました。もちろん、星野リゾート系列の宿泊で一番の楽しみである夕朝食付きです。全て込みで19,150円のプランでした。本当に安いですね。

そして部屋は普通の和室を予約したのですが、中禅寺湖ビュー和室に無料でグレートアップしてくれました。なぜだかはわかりませんが、常連だからかもしれません。

界ブランドには、「界タビ20s」という若者には嬉しい激安プランがあります。これは、20代限定のプランで月~木曜日限定で予約できます。1泊2食付で一名当たり 19,150円で宿泊できる最高のプランですが、何点か注意することがあります。

まず、取消しに関しては、ご予約完了後よりご宿泊料金の100%のキャンセル料が発生します。そのため、風邪もひけません。また、予約の総数が限られているため、ほとんど予約が取れない施設もあるということです。そのため、本プランでの予約は計画を立てて行いましょう。

【参考】界タビ20sプラン詳細

界ブランドの特徴としては、チェックアウトの時間が遅いということが挙げられます。12時チェックアウトです。ちなみに、チェックインは15時ですが、早く行きすぎても部屋に入れません(アーリーチェックインのオプションはあり)。

もう一つ「界」ブランドの良い点としては、一つの施設におけるお客さんの総数が少ないことです。そのため、お風呂や食事もゆったりと楽しむことができます。今回の旅行でも、食事と大浴場以外では他の顧客とあまり会うことがありませんでした。

また、界ブランドは施設ごとに値段が大きく異なるという点があります。ダイナミックプライシングなので値段は季節ごとにことなりますが、紅葉の時期に訪れた界加賀は約5万円かかりました。ちなみに界津軽と界鬼怒川は約4万円でした。

コスパ的におススメなのが、界アルプスです。ご当地楽が非常に充実しており、ご飯もお酒も全て美味しいです。この界アルプスは、大体35,000円でした。

【参考】星野リゾート宿泊記 界加賀

【参考】星野リゾート宿泊記 界津軽

【参考】星野リゾート宿泊記 界鬼怒川

【参考】星野リゾート宿泊記 界霧島

【参考】星野リゾート宿泊記 界アルプス

3. 界日光のサービス

ご当地楽

星野リゾートの「界」では、その土地ならではの魅力を楽しめるよう特別なおもてなしである「ご当地楽」が用意されています。

界日光のご当地楽は「日光下駄談義」です。歴史のある日光下駄のストーリーはもちろん、タップダンスも体験できるという楽しいイベントです。是非参加いただければと思います。

外出時にも日光下駄を履いて体験することができます。

トラベルライブラリー

旅館の受付横には、ゆっくりくつろぐことができるトラベルライブラリーが設置されています。トラベルライブラリーとは、ご当地の歴史や文化、自然、工芸にまつわる本から旅情を盛り上げる物語まで、ずらりと並んでいる場所です。

中禅寺湖を眺める歴史のある造りです。椅子も風情があって良いですね。

また、無料のドリンクが常時置いてあります。コーヒーマシンの他に、ウォーターサーバーやティーパックが常備されており、24時間いつでも利用することができます。

ティーパックは三種類もあります。さすが星野リゾートです。

そして星野リゾートはなぜか生姜を推しており、生姜のパウダーや生姜ゼリーが置いてあります。特に生姜ゼリーは永遠に食べれるほど美味しいです。

本も沢山置いてありますね。

大浴場

界日光の大浴場は、開放感ある内風呂と野趣溢れる岩造りの露天風呂が楽しめます。また、有料ではありますが、予約制の貸切風呂も用意されています。

露天風呂は男体山と中禅寺湖を眺めることができる、抜群のロケーションです。

湯上り処

湯上がり処では、ルイボスティーと梨ウォーターが置いてありました。意外にも栃木県は梨の生産量が日本で三位みたいです。畳の小上がりでゆったりとお寛ぎいただけます。

梨ウォーターが特に美味しい!

もちろん、お約束のアイスキャンディーもあります。

ウェルカムサービス

部屋では豪華なウェルカムサービスが用意されています。到着するとお茶を入れてくれ、一息つくことができます。

お菓子はかりんとうと煎餅、和菓子が置いてありました。他の界ブランドと比較してもボリュームのあるウェルカムサービスでした。

アメニティ

界日光のアメニティです。部屋には乳液からローションまで、スキンケア商品が一式揃っています。また、ヘアゴムや櫛、カミソリ、歯ブラシも部屋に無料でついております。タオル等を持ち運ぶ際に使う風呂敷もおしゃれです。

部屋着として。作務衣や上着があります。さらに、着物も常備されており、和の雰囲気を味わうことができます。寝巻を持っていかなくてもリラックスできますね!二つとも押し入れに入っております。

ドリンクサービス

冷蔵庫には、他の界と同じく無料のお水と有料のお茶とアルコール類が格納されています。お茶は210円、ビールは440円です。また、珍しくリンゴジュースも用意されていました。

ドリップコーヒーは無料で飲むことができます。持ち帰りもできます。

4. 界日光の部屋

今回私が宿泊したのは、「中禅寺湖ビュー和室」です。12.5畳以上の本間に次の間の客室が付いた、中禅寺湖に面するスタンダードな客室です。

界日光HPより

全室から中禅寺湖を望むことができ、湖側の広縁にはソファーが用意されております。檜もしくは大理石の湯船にて、湯浴みをご堪能ください。

ベッドもゆったりと配置されています。

お風呂やトイレも流石星野リゾート、綺麗で清潔です。アメニティも非常に充実しています。もちろんドライヤーも完備されています。

トイレも綺麗ですね。

浴室ですが、他の界と比べて広く、浴槽も大理石で豪華でした。

部屋からは中禅寺湖や男体山を間近に楽しむことができます。

後述しますが売店はお酒の品ぞろえが充実していますので、部屋で湖を眺めながら楽しみましょう。

5. 界日光の食事

界日光では、会席料理を楽しむことができます。栃木県の広大で平坦な土地、豊かな美しい水、穏やかな気候に育まれた自然の恵みを楽しむことができます。

多くの料理に湯葉が使われています。日光では日光東照宮をはじめとする社寺を中心に、「京湯葉」とは異なる、特長的な「日光湯波」など独自に発展した食文化が根付いているためです。

夕食

界でのお食事は、半個室の部屋で楽しむことができます。

お酒の種類も多いです。特に栃木県にある界では日本酒を推しており、ペアリングセットなんかもあります。

まず、飲み物を決めます。今回は日本酒にしました。

お品書きは下の写真の通りです。とにかく湯葉が多くの料理で使用されます。全部上品な味付けで美味しかったです。

界日光の料理は、とにかく湯葉という感じです。自分は湯葉が大好きなので、非常に嬉しい献立となりました。

一つ一つの食事に異なった器が使われています。盛り付けも綺麗にされており、五感で食事を体験できます。色味も綺麗ですね。

メインは小皿に乗った八寸料理とお造りです。

界日光の夕食のメインは、湯葉の和牛の投入ミルフィーユ鍋です。他の界日光の通常の夕食では和牛が出ることが少ないため、本当に嬉しいです。栃木の名産の一つにはきのこもあるため、三種類のキノコも用意されています。写真の左側から、「しいたけ」、「たもぎだけ」、「ときいろひらたけ」だそうです。

和牛は、栃木牛という栃木の名産だそうです。油がしつこくなく、美味しかったです。

お米は「とちほのか」を使用しています。これは、栃木県産コシヒカリのことで、強い甘味が特長です。土鍋で炊くので非常に美味しいです。

鍋も豪華ですね。キノコの出汁を感じることができます。

デザートには、栃木名産のいちごである「とちおとめ」を使用したものが提供されます。

朝食

界日光は、朝食でも湯葉が沢山使用されます。また、醤油が皇室に献上されるほどの醤油だそうで、惜しかったです。

目覚めの一杯は、ゆずとれもんのジュースです。

卵焼きはふわふわで、焼き魚の赤魚も美味です。らっきょう漬けも最高にご飯と合います。

界日光の凄いところは、朝食にも鍋が付くところです。今回は豚肉を使用した豆乳湯葉鍋でした。生湯葉と戸栗湯葉という二種類の湯葉が使用されています。

あと、鍋には珍しいレタスが入っています。

豚肉は本当に柔らかくて美味しいです。抜群に美味しい献上醤油をかけていただきましょう。

6. その他

売店

界日光の売店の特徴は、お酒の品ぞろえが優れているということです。

特に界日光オリジナルの日本酒が用意されています。クラフトビールもあるので、是非購入してみてください。

華厳の滝

星野リゾートの近くには、日本三大名瀑の一つにも数えられている高さ97mの大瀑布である華厳の滝があります。本当に雄大です。

中禅寺湖

中禅寺湖は最大水深163mで、およそ2万年前に男体山の噴火による溶岩で渓谷がせき止められ、原形ができた大きな湖です。波が経つほど大きな湖となります。

四季折々に美しい姿を見せることから、明治から昭和初期にかけては外国人の避暑地として賑わいました。

男体山

男体山は、日光連山を代表する標高2,486mの山です。非常に綺麗な外観であり、夜も昼のその美しい姿を楽しむことができます。

日光東照宮

日光東照宮は、1617年に徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。最近建物のリニューアルが続いているため、綺麗な建物が多かったです。

神橋

「神橋」は、二荒山(男体山)をご神体としてまつる二荒山神社の建造物で、日光山内の入り口にかかる木造朱塗りの美しい橋です。

総合的な評価としては、男体山と中禅寺湖を望む景色はとにかく絶品であり、食事もバランスが取れていてよかったと思います。特に湯葉好きにとっては是非再訪したいと思える宿でした。

星野リゾート宿泊記 界アルプス

私が中小企業診断士協会を辞めた理由

関連記事

  1. 星野リゾート宿泊記 界鬼怒川

    1. 界鬼怒川とは界鬼怒川は、星野リゾートが運営する旅館の…

  2. 星野リゾート宿泊記 OMO5東京大塚

    1. OMO5東京大塚とはOMO5東京大塚は、星野リゾートが運営す…

  3. 星野リゾート宿泊記 リゾナーレトマム

    1. リゾナーレトマムとはリゾナーレトマムは、星野リゾート…

  4. 星野リゾートの新施設開業情報

    1. 本記事の目的出典:星野リゾートニュースリリース…

  5. 星野リゾート宿泊記 界霧島

    1. 界霧島とは界霧島は、2021年1月29日に新しくオー…

  6. 星野リゾート宿泊記 トマムエリアの解説

    1. トマムエリアとはトマムとは、北海道勇払郡にある占冠村…

  7. 星野リゾート宿泊記 BEB5土浦

    1. BEB5土浦とは星野リゾートが運営するホテルの一つで…

  8. 星野リゾート宿泊記 軽井沢星野エリアの解説

    1. 軽井沢星野エリアとは【参考】軽井沢町HP出典:軽井沢…

最近の記事

ツイッター

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているhk5です。
1991年生まれ、東京生まれ東京育ち。
都内の某私立大学を経て、某シンクタンクの支社決算業務の主担当として従事。 3年半勤務後、某コンサルテインングファームでAIプロジェクトの企画書作成、某金融機関のチャットシステム実装のPMO、某政府系組織のシステム企画の要件定義等を経験する。
現在、都内の某国立大学院で経営学を学習中。加えて、大学院と提携しているコンサルティングファームと協業し、将来の公立病院の経営戦略をテーマにレポートを執筆中。
また、中小企業診断士として、週1~4程度の頻度でベンチャー企業の業務を手伝い、新事業企画の立案や収支シュミレーションの作成等、パワーポイントを中心とした資料作成や市の融資相談員を行っている。
趣味は星野リゾートと離島巡り。日本中回りたいと思っている。
PAGE TOP