星野リゾート宿泊記 界津軽

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

1. 界津軽とは

界津軽は、星野リゾートが運営する旅館の一つであります。水に浮かぶ庭園を眺め、壮大な壁画や津軽塗の調度を楽しむことができます。お食事には、世界的にも有名な大間のまぐろを賞味することができます。

また、界津軽の特徴の一つとして、毎夜開催される「津軽三味線」の生演奏が挙げられます。日本が誇る伝統芸能である「津軽三味線」を津軽三味線全国チャンピオンの渋谷幸平氏と共にスタッフが情緒豊かに奏でます。

【参考】界津軽

2. 利用したプラン

今回利用したプランは、定員二名の津軽こぎんの間和室を界特有のひとり旅プランで予約しました。もちろん、界ブランドの売りの一つである食事は朝も夜も付いたプランです。全て込みで42,460円のプランでした。

界ブランドの大きな特徴として、「ひとり旅」という一人には嬉しい割引プランがあります。最大30%も割引されます。このプランの注意点は、44日先の日付までの予約しかできない点です。

あと、界ブランドの嬉しいところとして、チェックアウトが遅いということが挙げられます。なんと12時チェックアウトです。聞いたことありません。ちなみに、チェックインは15時ですが、早く行きすぎても部屋に入れません(アーリーチェックインのオプションはあり)。

もう一つ「界」ブランドの良い点としては、一つの施設におけるお客さんの総数が少ないことです。そのため、お風呂や食事もゆったりと楽しむことができます。ちなみに、界津軽の客室フロアは2階から5階まであります。

また、界ブランドは施設ごとに値段が大きく異なるという点があります。ダイナミックプライシングなので値段は季節ごとにことなりますが、同時期に訪れた界加賀は約5万円かかりました。

【参考】星野リゾート宿泊記 界加賀

3. 界津軽のサービス

トラベルライブラリーの24時間開放

旅館の1階には、24時間開放しているトラベルライブラリーが設置されています。トラベルライブラリーとは、ご当地の歴史や文化、自然、工芸にまつわる本から旅情を盛り上げる物語まで、ずらりと並んでいます。

広々としており、非常に開放感があります。また、ここからは旅館ご自慢の水庭を眺めることができます。工芸品も沢山展示してあり、気に入ったら購入することができます。

仕事の方に朗報なのが、このトラベルライブラリーの奥の方に机が二つあることです。特に窓際にある机はコンセントもあり、仕事に集中することができます。息抜きに水庭を眺めるのもいいですね。私はこの席にずっとおりました。一つ難点としては、WiFiが弱いことぐらいでしょうか。

また、無料のドリンクが常時置いてあります。コーヒーマシンの他に、りんご一個をまるごと使ったりんご茶が作れるようになっており、リラックスしてくつろげる環境が整っています。

生姜の寒天ゼリーなんかも置いてあります。

水庭を眺めながら、ゆっくりしましょう。

津軽三味線生演奏

20時45分からと21時15分からは、津軽三味線の生演奏が行われます。津軽三味線は他の三味線とは一線を画し、叩きを主とする打楽器的な奏法が特徴です。界津軽では、この演奏を生音で聞くことができます。

演奏は、津軽三味線の全国チャンピオンと、従業員の方が行います。従業員の方も普通に上手いです。

振る舞い酒

津軽三味線の生演奏に合わせ、ロビーでは、青森の地酒である「じょっぱり」が無料で振舞われます。お酒好きには最高のサービスですね。

大浴場「青森ヒバの湯殿」

星野リゾート公式サイトより転載

15時~25時、5時から11時半まで営業している界津軽唯一の大浴場です。沢山のリンゴが浮かべられており、青森の雰囲気を満喫することができます。バスタオルやフェイスタオルは浴場に常備されているため、部屋からタオルを持ってくる必要がありません。サウナや水風呂もあります。

一つ課題としては、露天風呂がないことでしょうか。露天風呂大好きな方にとっては痛いかもしれません。

湯上り後のスペースには、界の特徴であるアイスキャンディと、津軽特有のごぼう茶とリンゴ酢がおいてあります。特にリンゴ酢は飲みやすく、本当に美味しかったです。

思い出こぎん

界津軽オリジナルの紙製しおり作り体験です。完成したこぎん刺しのしおりは、お土産として持ち帰ることができます。

アメニティ

界津軽のアメニティです。ヘアゴムや櫛、カミソリ、歯ブラシは部屋に無料でついております。タオル等を持ち運ぶ際に使う風呂敷もおしゃれです。

部屋着として。作務衣や上着があります。寝巻を持っていかなくてもリラックスできますね!

ウェルカムサービス

部屋に到着すると、まずはなあわせというのお菓子が用意されています。本当に美味しいです。

冷蔵庫には、無料のお水と有料のお茶とアルコール類が格納されています。お茶は210円、ビールは440円です。ドリップコーヒーは無料で飲むことができます。

界津軽湯上りビール

界津軽では、16時~20時までの間に、界津軽湯上りビールとおつまみのセットを楽しむことができます。このビールは、界ブランドで開発された「至福の湯上がりビール」を同ブランドの全国15施設で、2020年夏より一斉提供しているものです。このビールの特徴は、湯上がり後に飲みきれる200mlの小瓶であり、かつ糀を使った苦味が少ないまろやかさにあります。加えて、施設ごとにビールに相性のよいご当地おつまみを考案されるため、訪れるところどころで異なる楽しみ方ができます。

界津軽では、ビールと共に長もやしが提供されます。この長もやしは大鰐温泉の温泉熱のみで育っており、独特の食感があります。是非一度ご賞味あれ。

4. 界津軽の部屋

今回私が宿泊したのは、「津軽こぎんの間和室」です。広くはないですが、ところどころに津軽こぎんの施しがなされており、とてもおしゃれです。

部屋に入るとまず何もない空間が目の前に現れます。非日常的な空間が、旅行の気分を盛り上げてくれます。

畳張りの部屋もついております。ゆったりとくつろげます。

お風呂やトイレも流石星野リゾート、綺麗で清潔です。アメニティも非常に充実しています。もちろんドライヤーも完備です。

部屋からの眺めは普通でした。

5. 界津軽の食事

界津軽では、季節と地域にこだわった食材を、ときに伝統的に、ときに革新的な調理法で提供します。目と舌の記憶に残る料理は圧巻です。特に、秋から冬にかけて獲れる大間のマグロが特徴です。「マグロの最高峰」と呼ばれる大間のマグロを、様々な食べ方でたっぷりと堪能できます。

折鶴での夕食

折鶴は、旅館に備え付けられているレストランです。部屋ごとに区切られた贅沢な半個室の部屋に、次々と料理が運ばれてきます。おしゃれな空間に運ばれてくる漆器の美しさと、青森の山や海の幸を使った素材を活かす味付けの上品さは圧巻です。是非食べてみて下さい。

ほとんどの部屋が半個室です。プライベート感があります。

まず、飲み物を決めます。自分は日本酒を頼みました。もちろんビールもありますよ。ただ星野リゾートということもあり。ちょっとお高めですが・・・。

お品書きは上の写真の通りです。見てわかる通り、津軽の野菜や魚介類をふんだんに使用したメニューであることがわかります。

食事には、細かい味付けがなされています。黒ニンニクがアクセントに使われいる料理は絶品です。

一つ一つの食事に異なった器が使われています。本当に豪華です。盛り付けも綺麗にされており、五感で食事を体験できます。

津軽地方は魚介類が美味しいということで、様々な料理が提供されます。特にお刺身が非常に美味しかったです。大間のマグロのトロが出てきた時は感動しました。

なんと、リンゴの天ぷらがでます。

この炊き込みご飯は、牛時雨がメインです。ただ、何牛を使っているかどうかは教えてもらえませんでした。

もちろんデザートもあります。やっぱりリンゴなんですね!

折鶴での朝食

界津軽では朝食も非常に凝った内容で、大満足です。

まず、ブドウとリンゴを使ったジュースが出てきます。本当に飲みやすいです。

メインは貝焼き味噌のホタテです。とても美味しいのですが、個人的には鯖の西京焼きが一番おいしかったです。

6. その他

売店

界津軽には、小さいながらも売店があります。特徴としては、お酒の種類が結構豊富なことです。

津軽がほこる日本酒やリンゴ酒、シードルやクラフトビールまで種類豊富に備わっています。

器等の食品以外も売っています。

リンゴ畑

界津軽の周辺にはリンゴ畑があります。沢山のリンゴが収穫されていく姿を見るのは結構楽しいです。

総合的な評価としては、接客やサービス、食事全てにおいて一流であり、特に大間のマグロは絶品でした。また、津軽三味線の生演奏は迫力があり、感動を覚えるほどです。是非一度は行ってみて下さい。

次世代の駅ターミナルはどうなるのか?

社長が会社を畳む際の三つの選択肢

関連記事

  1. 星野リゾート宿泊記 軽井沢星野エリアの解説

    1. 軽井沢星野エリアとは【参考】軽井沢町HP出典:軽井沢…

  2. 星野リゾート宿泊記 OMO5東京大塚

    1. OMO5東京大塚とはOMO5東京大塚は、星野リゾートが運営す…

  3. 星野リゾート宿泊記 BEB5土浦

    1. BEB5土浦とは星野リゾートが運営するホテルの一つで…

  4. 星野リゾートの宿泊予約方法のコツと注意点

    1. 本記事の目的本記事は、何かと色々プランがあり…

  5. 星野リゾート宿泊記 トマム ザ・タワー

    1. トマム ザタワーとはトマム ザタワーは、星野リゾート…

  6. 星野リゾート宿泊記 青森屋

    1. 青森屋とは星野リゾートが運営するホテルの一つであります。青森屋は、…

  7. 星野リゾート宿泊記 トマムエリアの解説

    1. トマムエリアとはトマムとは、北海道勇払郡にある占冠村…

  8. 星野リゾート宿泊記 OMO7旭川

    1. OMO7旭川とはOMO7旭川は、星野リゾートが運営す…

最近の記事

ツイッター

プロフィール

プロフィール

このサイトを運営しているhk5です。
1991年生まれ、東京生まれ東京育ち。
都内の某私立大学を経て、某シンクタンクの支社決算業務の主担当として従事。 3年半勤務後、某コンサルテインングファームでAIプロジェクトの企画書作成、某金融機関のチャットシステム実装のPMO、某政府系組織のシステム企画の要件定義等を経験する。
現在、都内の某国立大学院で経営学を学習中。加えて、大学院と提携しているコンサルティングファームと協業し、将来の公立病院の経営戦略をテーマにレポートを執筆中。
また、中小企業診断士として、週1~4程度の頻度でベンチャー企業の業務を手伝い、新事業企画の立案や収支シュミレーションの作成等、パワーポイントを中心とした資料作成や市の融資相談員を行っている。
趣味は星野リゾートと離島巡り。日本中回りたいと思っている。
PAGE TOP